冬の間、荒れた海により漂着した流木や大量のゴミなどで坂の下海岸は無惨な姿をさらけ出している。
 雪融けが進むと海岸には漂流ゴミが目立つようになるが、冬場は日本海が荒れることから坂の下海岸には波で運ばれてきた流木や漁具、プラスチック製の容器類などが流れ着いている。
 春先の海浜は毎年のようにゴミの山と化すが、散乱したゴミの中にはハングル文字で書かれた青いポリタンク容器などもある。