17日午後、工藤市長がノシャップ1の佐藤ミツさん宅を訪れ、100歳の祝い状などを贈った。
 本年度1人目の100歳対象者となるミツさんは稚内出身。9人姉妹弟の第4子として大正6年4月14日に生まれた。
 同居する娘の嶋崎慶子さんによると、ミツさんは編み物とパークゴルフが趣味で、自分で編んだ靴下などを孫や近所の人達にプレゼントするのが好きで、89歳から始めたパークゴルフには週2回ほど近所のノシャップ公園PG場を訪れてはプレーを楽しんでおり、今年もオープンを待ち遠しそうにしているそうで、長寿の秘訣についても「マイペースで自分の好きなことをすることかな」と話していた。
 市長から「健康に気を付けて元気でパークゴルフを続けて下さい」と祝い状と祝金を贈られたミツさんは「皆さんに祝って頂き嬉しい」と感謝していた。
 市長寿あんしん課によると、本年度の100歳は11人(男2)。