鶴雨書道教室(大澤鶴雨=本名和子=師範)に通う中嶋航生君(稚高1年)、岡本みなみさん(同衛看科1年)が日本書道評論社出版の「書の研究」で毛筆、硬筆とも学生名人に、廣瀬文奈さん(稚高1年)、中野七海さん(大谷高1年)が硬筆で学生名人に輝いた。
 4人は中学校卒業前の今年3月、毛筆で「卒業写真」、硬筆で「大雪山国立公園は北海道にあります」の課題字句を提出し、中学生最高位学生名人に合格していた。
 毛筆、硬筆とも合格した中嶋君は「課題を提出しても合格できず苦しい思いをしたが、最後に成果が出て嬉しい」、沓形中から月1回通っていた岡本さんは「自宅で何十枚と書き直し、締め切り直前は教室に泊まり込み書き上げた成果が出て良かった」、硬筆合格の廣瀬さんは「苦手な硬筆に合格でき驚きました」、中野さんは「ここまで続けてこれたのは先生のお陰。これからも頑張りたい」と語っていた。
 4人が小学生の時から指導してきた大澤さんは「継続は力なりの通り努力したことで合格し良かった。送迎してくれた家族への感謝の気持ちを忘れず、高みを目指してほしい」と栄誉を称えていた。