稚内観光のシンボル北防波堤ドームで、一部の飼い主による犬のフン放置が未だ続いており、今週から清掃作業を始めた稚内市シルバー人材センター会員は「犬の散歩にはマナーを守ってほしい」と訴えている。
 今年も秋口まで一日置きに午前9時~正午までドームを中心に清掃作業を担当することになった会員は作業初日の12日、清掃を始め1時間余りで数個のフンを発見。雪融けで出てきた古いものもあるが、清掃前の朝に放置した新しいものもあったという。
 3時間余りでドーム内や周辺の清掃を終えた会員は「この時期は雪融けで出てきたゴミの清掃をメインにやらなければならないがフンも目立ち、旅行者が犬のフンを踏まないよう綺麗にするしかない」と話していた。