稚恵町内会(石本隆志会長)は7日夕方、恵比須2、丹波蓮介君(6)の許を訪れ、小学1年生になった入学祝品を贈呈した。
 同町内会では子育て世帯を応援する取り組みとして3年前から町内に住む新生児に祝金(1万円)、新入学児童に祝品(わっかない地域商品券5000円分)を寄贈しており、若山喜美男副会長から祝品を受け取った蓮介君は「勉強に必要な文房具に使いたい」と喜んでいた。
 父親の幸助さんは「他の町内にない取り組みなので有難いです」と感謝を述べ、若山副会長は「子供の成長は町内会にとって嬉しいこと。今後も応援活動を継続し子育ての育成に力を入れていきたい」と話していた。