潮見地区の60代女性宅で育てていた八重桜に白とピンク色の花が咲き、見ごろを迎えている。
 20年以上前に苗木から育て1㍍ほどに成長したサクラは、部屋の暖かさと窓際からの陽射しによって3月下旬から蕾が膨らみ始め、3日に玄関フードに置いていたところ一斉に咲き始めた。
 毎春、サクラが咲くのを楽しみにしているという女性は「大事に育て今年も咲いてくれて良かった。あと1週間もすれば丸くふんわりとした形になるのが楽しみです」と笑顔で話していた。