稚内署長に着任した藤井範康氏(57)は28日記者会見し「管内で暮らす皆さんが安全安心して暮らせる街作りをしていきたい」と抱負を述べた。
 藤井署長は昭和53年旭川署を振り出しに、函館、釧路方面本部、警察庁出向など機動隊と警備課に長く所属。前任は道警本部警備部公安第二課長。
 巡査時の昭和60年~平成元年まで稚内署警備課に勤務をしており、自身2度目の勤務。署員に対しては「住民の立場になり常識を養って勘を働かせ仕事してほしい」と檄を飛ばし、冬の稚内は天候に左右されることもあるのでいかに安全に仕事ができ、事件事故に巻き込まれた人達を救助するため、警察だけではなく関係機関の連携に努めていきたいと話していた。
 趣味は山登り。数年前に利尻に行ったが利尻山には登ってないので時間があれば登山したいとも話していた。