西浜交流センターで26日、西浜凧作り講習会が開かれ、参加者が干支「酉」をデザインした凧などを作った。
 4月9日午後1時(延期の場合は16日)から西浜交流センター横の広場で開く凧揚げ大会に向け、西浜地区まちづくり委員会が主催した。参加した地域住民ら15人は凧作り名人の木村巧さんの指導を受け、干支の凧や連凧などを作った。
 参加者はオリジナル凧に赤やオレンジなど色付けし完成させた。
 木村さんは「大会では沢山の凧を用意しプレゼントをするので多くの子供たちに集まってほしい。その日は交通安全運動期間で、交通安全を願う凧も揚げたい」と参加を呼びかけている。