稚内北星大学の第16回卒業式は15日午後、講堂で行われ、情報メディア学部の24人(男16)が父母、恩師らに見送られ学舎を巣立った。
 スーツや晴れ着姿の卒業生1人ひとりに卒業証書を手渡した斉藤学長は「大学で身につけた知識とスキルを社会に生かしてほしい」と餞の言葉を送り、工藤市長の祝辞に応え生田桃子さんが「大学で得た知識や経験を生かし、自分自身の可能性を信じて色々なことを乗り越えていきたい」と卒業生を代表し決意を語った。