雪融けが進むと共に人里に下りてくるシカに備え、北地区の住民が畑などが食害に遭わないよう防護ネットを取り付け始めた。
 雪融けが進むとシカの行動範囲が広くなり特に最近はノシャップ~西浜地区などでは日中でも山からの群れが目立っている。
 裏山近くに住む西浜地区の女性は「雪融けが早いこともあって3月に入ってから畑周辺は足跡が沢山残っている。今のうちにネットを張っておかないと土を掘り返されチューリップの根などが食べられてしまう」と話しながらネット張りをしていた。