第31回全道中学生の税をテーマとしたポスターコンクールで、最高位の北海道知事賞を受賞した佐藤美夢さんら稚中生6人への表彰伝達式が7日、同校であり、級友や関係者が受賞の栄誉を称えた。
 道税の理解促進のため、昭和61年から続いているコンクールに今年は道内145校から3709点の応募があった。
 坂本宗谷総合振興局長らから全道で5人しか選ばれなかった知事賞を受賞した佐藤さん(2年生)ほか5人に表彰状と記念品が贈られたあと、坂本局長は「応募作品は税の役割を様々な視点で捉えた素晴らしい力作揃いでした」などと生徒たちを称えていた。
 表彰式のあと佐藤さんは「色の選考など悩み完成まで数カ月かかりました。受賞したことはとても嬉しく思います」と苦労の末の受賞に感激していた。
 中尾稚中校長は「生徒たちの頑張りが評価され嬉しい。学校全体の励みになります」と話していた。
 知事賞の佐藤さんの作品は23、24の両日、道庁で、宗谷総合振興局長優秀賞などの作品は14~24日まで宗谷合同庁舎で展示される。