オ海の毛ガニ篭漁が今月15日解禁される。今年の漁獲許容量は昨年比70㌧減の580㌧に。このノルマは前年の秋に資源調査し決めているもので資源の先細りが懸念される◆稚内(宗谷漁協)は兎も角、枝幸などはカニの街として売っており漁獲減は町の死活問題ともなろう◆地球温暖化で海に変化が起き海洋生物の棲息もこれまでにない出来事が。沖縄のサンゴに白化現象が起きるなど今までの生態系が破壊されようとしている◆どれもこれも人間という動物の罪だ。どこまでおかしくすれば目が覚めるのか。