春の訪れを告げるハクチョウの先発隊が旧声問橋近くの水辺に飛来した。
 シベリアへ北帰行の中継地の大沼はこの時期、氷に閉ざされているため声問川下流に毎年2月下旬~3月上旬にかけハクチョウが飛来する。寒戻るも日が差した5日夕方、橋近くを通った男性が2羽飛来しているのを確認した。
 6日朝は姿は無く、何処かに飛んでいってしまったようだが、大沼の氷が融け始める3月後半頃にはハクチョウ含めカモなどの飛来も増え始める。