宗谷ふれあい公園は今シーズンのスノーランドの利用者数をまとめた。
 例年、3月に入ると雪融けなどによる休止が続くことから今シーズンは、2月一カ月の開設となり、昨年より255人多い9175人の利用があった。
 管理している稚内振興公社によると、悪天候による休止が2日間(昨年5日間)と少なく、休日になると家族連れで賑わった。
 遊覧雪上車は大沼コースが新設され、結氷した湖面の上を歩き大自然を感じることができると観光客から好評を博した結果、昨年より663人多い1623人(大沼1424)の利用があったことから来年以降も実施するよう検討していきたいとしている。