稚内出身の兄弟ユニットSE―NOが母校の稚中で13日午後、卒業記念ライブを開いた。
 卒業間近の3年生に思い出をと、9年前から母校を訪れてはライブを行っており、今年は卒業生128人が参加した。
 ライブでは、テレビCMで使用されている「君を乗せて」を皮切りに、昨年10月の開校70周年を記念して制作した「はじまりの朝」など6曲を披露したあと、アンコールで生徒たちと一緒に「SOYA PARTY」を歌唱した。
 ライブの途中には、兄の摩守仁さんが「母校は改めて初心に帰れる場所。中学校生活は自分の好きなものを探す時期でもあるので色々体験してほしい」などと後輩たちにエールを送っていた。