宗谷総合振興局主催の〝SOYA fresh・network〟研修会が2、3の両日、宗谷合同庁舎で開かれ、民間企業の若手社員や大学生らが地域活性化のためアイディアを出し合った。
 管内の行政や企業などの若手世代との連携を深めるため昨年3月に誕生した〝SOYA fresh・network〟は、今後に向けて事業化できそうなアイディアを話し合うため研修会を開いた。
 参加した管内の市町村職員や民間企業の社員の20~30代の70人は、全国の中で所得がトップの東京都港区と宗谷の連携をテーマに、グループで企画検討し「宗谷の酪農を東京の人達に体験してもらう」「互いの観光地を巡るツアーの開催」など意見を出し合っていた。