宗谷総合振興局と稚内観光物産協会が合同で28日まで丸井今井札幌本店のきたキッチンで開催した第5回最北端宗谷の〝ショク×タビ〟フェアは、札幌市民はじめ多くの観光客で賑わい、昨年より売上もよく盛況だった。
 札幌など道央圏の人たちや道内外へ宗谷の食と観光をPRするため先月22日から開催した宗谷フェアには、稚内の13店含め管内から30事業所が124品出品され、これまで開催してきた宗谷フェアの中では出店、出品数とも過去最大とあって27日までの売上が165万9000円と昨年(165万7000円)を上回った。
 振興局の佐藤商工労働観光課長によると、期間中は多くの人で混雑し一部の商品は開催して直ぐ完売になるなど、1日平均27万円の売上とし最終日の28日分を含めると更に売上アップとなり、宗谷の食を多くの人に広めることができましたとしている。