観光地を着物で埋め尽くそうという稚内初のイベント「キモノでジャックin稚内」が26日、犬ぞり大会会場など3カ所であり着物姿の参加者が稚内をPRした。
 着物文化を広めるため京都で始まったイベントを稚内でと、市内で着付け教室を営む竹内ひとみさんが初めて企画した。
 市民だけでなく遠くは札幌、浜頓別などから着物姿で参加した人達が犬ぞり大会に30人、副港市場40人、旧瀬戸邸に30人が集まり、全員で記念撮影しSNSでイベントの様子を世界に発信した。
 参加者からの「着物を着る機会を与えてくれとても楽しかった」との声に、竹内さんは「皆さんの着物姿は素敵でした。伝統文化の着物で稚内の良さをこれからも発信していきたい」と話していた。