今年新たに副港市場隣の多目的ホール「石蔵」でツアー客向けに催されている稚内サハリン館は、ルースキー・テーレムのメンバーと観光客が一緒に踊るなどし人気を集めている。
 冬季観光の目玉事業として今月15日から始まった本公演とは別に、今年から大手旅行会社のクラブツーリズム向けに午後2時からロシア料理「ボルシチ」を食べながらショーも同時に楽しむという25分程度のステージ公演が催されている。
 16日に始まった以降連日ツアー客で満席となり、3月中旬まで17本700人余りの団体予約がある。本公演(40分)よりプログラムが短いとはいえ、観光客がステージに上がってメンバーと踊ったりし、ツアー客からは「とても楽しい思い出になりました」と好評。
 メンバーは休みの火曜日以外は昼と夕方の公演で昨年よりハードなスケジュールだが「観光客や市民の方々が喜んで下さるので頑張りたい」と奮闘している。