稚内署は10日、暴力追放運動推進に貢献しているとして稚内市暴力追放運動推進協議会の中居詳往会長(72)に感謝状を贈った。
 中居会長は、平成6年に稚内市防犯協会理事として加入し、20年に防犯協会副会長と稚内市暴力追放運動推進協議会理事長、26年からは両団体の会長を兼任しており、長年に亘る街頭啓発など地域の安全安心な街づくりに貢献していることが評価された。
 伝達式で田辺署長から感謝状と労いの言葉を受けた中居会長は「夢にも思っていなかったのでとても感謝しています。暴力のない明るい街づくりは市民の夢であるので今後も皆さんの協力を受けながら一生懸命頑張りたい」と話していた。