5日午後、稚内沖毛ガニ刺し網漁の初水揚げがあった。
 解禁翌日の1月21日稚内漁協所属の着業船9隻が出漁し網入れしたもののシケに祟られ水揚げできなかった。
 漸く水揚げされた5日から一夜明けた6日午前中、稚内漁協市場には大量の毛ガニが運び込まれ、漁協職員が計量作業に追われていた。
 漁師の男性は「量は少なかったが、型はまずまずだ」と話していた。
 初水揚げの毛ガニは8㌧。タラバもここ数年の初日としては珍しく漁獲量(1・3㌧)があった。漁期は5月末。