声問川下流の斌橋付近で4日、氷上穴釣り体験があり、参加した子供たちは大物のチカを釣り上げ「大きいのが釣れたよ」と歓声を上げた。
 厳冬期ならではの体験を楽しもうと、少年自然の家企画による人気イベントの氷上釣り体験には、市内の親子10組26人が参加した。
 天候に恵まれ寒さは和らいだものの、強い風が吹く中、参加した子供たちは冷たい風にめげることなく糸を垂らし魚の当たりをじっと待ち、釣れた感触があり引き上げてみると15㌢以上の大物チカが釣れており、ちびっ子太公望は「こっちはダブルで釣れた」「大きいのが釣れた」と喜んでいた。
 声問川での氷上釣りは今がピークで、50基以上のテントが並んでいた。