国の本年度第3次補正予算成立を受け、稚内開建は事業予算額などを公表した。
 昨年10月の2次補正は25億5300万円の〝真水予算〟だったが、今回の補正では来年度予算の前倒しとなるゼロ国債だけで、道路11億6000万円(前年度補正13億4000万円)、港湾4億9100万円(同5億3200万円)、空港7億5600万円(同4億8300万円)、農業農村3億円(同なし)、水産基盤5億4500万円(同8億4000万円)の32億5200万円。前年度補正に比べ8700万円の増。
 本年度当初予算の99億7300万円に、2次、3次補正を合わせた総額は157億7800万円。昨年度総額180億円を22億2200万円下回った。