1日、ノシャップ寒流水族館と青少年科学館の冬季営業が始まり家族連れや観光客が満喫している。
 約1カ月の整備休館を終え午前10時にオープンした両館には、平日のため訪れる人が少なかったものの、家族連れ数組が水族館に展示されているクリオネや産卵期を迎え頭頂部が黒色に変色したホッケなど冬しか見られない生き物の様子を楽しんでいる。
 アザラシプールでは水が凍り、厚さ30㌢ほどの氷が流氷のように見える光景が広がる中、アザラシが氷の隙間から顔を出すと家族連れが写真撮影するなどしていた。
 両館の冬季営業は3月末までで午前10時~午後4時まで。最終入館午後3時40分。