市内のアマチュアカメラマン・三国竜さん(41)が、稚内近郊で撮った美しい風景写真を、SNSに開設した自らの専用ページに載せ「写真を通して稚内の魅力を広めたい」と意気込んでいる。
 5年前にカメラを始め独学で撮影技術を磨いてきた三国さんは、仕事を終えたあとなど市内の観光地などに足を運び撮影を続けていたところ、知人の観光関係者から「いつも写真を撮っているならSNSで発信してみては」と勧められたことから昨年末、フェイスブックに「わっかないphotography」というページを開設して稚内の自然、動植物、風景など60点ほどの写真を載せている。
 最近では宗谷岬に接岸した流氷、第一副港に停泊する底曳船、2年ぶりに宗谷岬から見ることができた初日の出などを載せており「写真を見た人が、その場所に来て自らが写真を撮り、思い出の一つになれば嬉しい」と、ページ開設の思いを語った。