「キモノでジャックin稚内」と題したイベントが2月26日、市内の観光地で開かれ、着物を着てくるだけでルールなく申し込みも必要なく、企画した市内で着付け教室を営む竹内ひとみさんは「着物を着て稚内の魅力をPRしましょう」と参加を呼びかけている。
 この催しは着物文化を広めるため京都で始まったイベントだが今では全国に拡大し、道内では札幌など道央圏で行われているが、稚内でも竹内さんが稚内支部を立ち上げ宗谷管内では初めて行うことになった。
 開催場所と時間は未だ決まっていないが、宗谷岬やノシャップ岬、旧瀬戸邸、副港市場などを考えており、当日は着物を着て集合し、全員で写真を撮りSNSで稚内の魅力を全国世界に発信する。
 京都で行われているキモノジャックでは毎回100人以上が集まるほど反響も大きく、外国人観光客らに人気を呼んでいる。
 SNSで発信し稚内に注目してもらい観光客が増えてくれれば―と話す竹内さんは「当日は途中参加や途中離脱も可能。着物姿で稚内の魅力を広めましょう」と。
 詳細が決定次第、フェイスブックで情報発信する。現在、支部会員の協力を求めており、竹内さん22-7666。