感謝の気持ちを形にしようとの仲間たちが集まり開いているチャリティーイベント「ありがとう祭り」が、2月19日午前10時から大林寺で開かれる。
 昨年、門間奈月代表らを中心に立ち上げた実行委員会主催し開き、収益を東日本大震災で被災した東北の団体などに支援金として寄付した。
 昨年に続き2回目となるイベントは「あたりまえをありがとうに」をサブタイトルに、東北に加え大地震のあった熊本、台風被害のあった十勝の復興支援も兼ねたイベントとしても行う。
 数珠や御守り作り、写経体験、手作り作品販売、市(防災安全課)の「今日からできる防災」講話、井上耕心大林寺副住職の「東北のいま写真展」、中島まなみさん(豊富)の「やさしいヨガ」、門間奈月さんの「かんたん骨盤調整体操」など、子ども~大人まで楽しめる内容。寺江食品などによる食べ物の出店もある。
 門間代表は「出来る時に出来る人が出来るだけのことの気持ちを大切に、活動を続けていきたい」と話していた。