2月1日から宗谷ふれあい公園で始まるスノーランドで、今年新たに結氷した大沼を雪上車で走行する体験メニューが加わることになった。
 わっかない観光活性化促進協議会(事務局・稚内観光協会)が主催し1カ月に亘って開催されるスノーランドの新企画として行われる「雪上車大沼氷上走行」は、氷の厚さが30㌢以上に達した大沼の上を、雪上車に引かれた屋根つきの大型ソリに乗って沼の中央辺りまで行き折り返してくる。今年は試験的に団体ツアー向けに始めるが、予約に空きがあれば一般の人も利用できる。
 23日午後には大沼でテスト走行があり、安全性などを確認した瀬川事務局長は「観光客の皆さんには稚内でしか体験できないものを楽しんでほしい」と話している。
 2月1日からの本番に向けて、30日にも関係者を招いてテスト走行する。