札幌管区気象台は海氷情報第10号を発表。オホーツク海南部の流氷は宗谷岬~枝幸沖の10~20㌔先にあり、低気圧が通過する23日以降は、接岸するところがある見込み。
 稚内地方気象台によると、22~23日は東風が強く、大荒れの後の稚内で流氷観測初日になることもあり得る―と。稚内の流氷観測初日は平年2月13日、昨年3月3日。