21日、稚内北星大学で潮見が丘中1年生の土曜授業があり、同大学のガオ・シュウ助教から国際交流について講話があった。
 1年生86人を前に、ガオさんは故郷である中国四川省の名産品などの話をしたあと、中国では世界中に利用者がいるツイッターなどSNSを利用することが出来ず、自国で開発されたSNSしか使うことが出来ないなどと中国と他国の違いについて述べた。
 外国人と接する時には、国よって普段使っているジェスチャーが悪い意味で捉えられることもあり、海外旅行に行く際に気をつけたほうが良いなどとし、日本と中国の食事、運転マナーの違いについても触れていた。