宗谷教育局は18日、水泳競技で全国大会など優秀な成績を収めた東中1年生、大日向海斗君に、管内学校教育活動等表彰「北の輝き」を贈った。
 教育局では、平成24年度から管内教育の充実・振興を図ることを目的に、文化、スポーツなどで優れた実績があった児童生徒を表彰しており、これまでに15人が表彰され稚内ではスキーの宮崎栞奈・純奈さん姉妹が表彰されている。
 18日午前中の東中での授与式で200人余りの生徒が見守る中、野崎宗谷教育局長からJSCAブロック対抗水泳競技大会の50㍍、100㍍いずれも平泳ぎで優勝したことなどを称え大日向君に表彰状が贈られた。
 野崎局長は「全国だけでなく国際大会でも素晴らしい成績を上げ、4種目で金メダルを獲得しこれまでの成果を発揮しました。東中の皆さん一人ひとりが夢の実現に向け羽ばたくことを願っています」と挨拶した。
 授与式を終えた大日向君は「表彰されて嬉しい。気持ちを引き締めこれからも頑張りたい」と更なる精進を誓っていた。