冬季観光の目玉事業として2月15日から始まる稚内サハリン館で、今年新たな試みとして行う食事とショーの双方が楽しめるツアー客向けのステージ公演の予約が好調だ。
 午後5時と6時からの1日2回の本公演(各約40分)とは別に、副港市場隣の石蔵(旧松坂記念館)で午後2時ころからロシア料理の「ボルシチ」などをツアー客に食べてもらいながら30分程度ステージ公演する。
 副港市場によると、開幕翌日の16日~2月末までで、1団体平均し30~40人の予約が入っているそうで、担当者は「昼過ぎの時間帯はこれまで団体客が少なかった。それから比べると予約をみる限り反響がある」と、更なる予約増に期待を寄せている。