2月11、12の両日に北防波堤ドーム公園で開催される氷雪の広場のイベント内容が決まり、実行委員会の稚内JCは催しの参加者を募集している。
 今年は新たに小学生までの子供と親がペアになって競い上位3チームには賞金が当たる「親子人間ばんば」(11日午後1時)と、小学生、中学生、高校生・一般の部門で5人1チームが足を紐で結び大玉を転がし競い上位3位まで賞金など贈る「5人6脚大玉ころがし」(12日午前11時半)を催す。これら2競技はJCのホームページから申込用紙をダウンロードし2月5日までFAX01623261まで申し込むとよい。
 優勝5万円の市民雪像(10基)、優勝商品券1万円のミニ雪像(5基)コンテストの参加も今月30日まで申込みを受け付けており、雪像作りは2月1日から始まる。
 2月1日~10日までの会場作りのボランティアも募集しており、担当者は「そのほかにも冬ならではの体験を楽しめる企画も準備しており、子供から大人まで楽しめるお祭りにしたい」と意気込んでいる。
 詳細は稚内JC22-3201。