船霊の日の11日、ノシャップにある岬神社で歳旦祭と船霊祭が執り行われ、漁業者たちが今年一年の安全操業と豊漁を祈願した。
 安藤稚内漁協組合長はじめ漁師10人余りが参列し、北門神社の山本宮司による神事が行われたあと、一人ひとりが玉串を奉てんし今年の豊漁を祈願。安藤組合長は「皆さんの大漁と事故のない明るい一年にしましょう」と挨拶した。
 第1副港の沖底漁船と北船溜り、恵山泊漁などの小型漁船には大漁旗や日の丸が掲げられ、各漁船が安全操業を祈願していた。