稚内労基署は昨1年間の同署管内(宗谷管内10市町村、天塩町、遠別町)の労働災害発生状況をまとめた。2月の交通事故以来、2件目の死亡事故が12月に発生した。
 12月はこの死亡事故含め林業で2件、食料品製造、設備工事、道路貨物運送、その他の運輸、商業、清掃業各1件の8件発生し、昨年累計での休業4日以上の労災は93件(前年87)、死亡労災は2件(同0)になった。
 転倒が24件と最も多く、以下墜落・転落18件、はさまれ・巻き込まれ17件、動作の反動・無理な動作10件、激突され6件、切れ・こすれ6件など。
 産業別発生件数。
 ▽製造業 20件(前年16)▽建設業 19件=うち死亡1件(同17)▽道路貨物運送 4件(同9)▽その他の運輸 2件(同1)▽林業 7件=うち死亡1件(同4)▽漁業 12件(同13)▽商業 8件(同5)▽清掃業 6件(同5)▽その他の事業 17件(同16)。