活気で溢れた稚内漁協市場初競り

稚内地方卸売市場の初競り

 稚内漁協市場の初競りは3年ぶりに鮮魚が上場され、6日午前8時から行われ、買受人らの威勢よい掛け声が場内に響き渡った。
 関係者100人を前に安藤組合長が、昨年道内を襲った台風などの自然災害など振り返ったあと「毛ガニは数量など順調に推移した結果、前年より2000万円増加。ナマコは価格の変動もあり昨年より2億円減少。サケも漁獲量が減少したものの、価格に恵まれ3億3000万円、イカについても価格の高騰もあって10億5000万円。全体では前年より約1070㌧、8億円増の32億円で、コンブを含めると36億6000万円の取り扱いがあった。今年も安全安心な水産物の供給に向け職員一同取り組んでいきたい」と述べ、宮本宜之買受人組合長も「酉年にあやかり鷲や鷹のように羽ばたけるように頑張っていきたい」などと挨拶した。
 工藤市長、武部衆議(代理)、吉田道議の祝辞に続き木村専務理事の音頭で三本締めが行われたあと、真ガレイ、砂ガレイ、ギス子など鮮魚100箱余りが競りにかけられた。
 稚内地方卸売市場で6日朝、初競りがあり買受人らの威勢よい掛け声が飛び交った。
 午前7時からの初競りを前に、工藤市長は「残念ながら昨年はシケで漁に出られない日が多いと聞きました。水産資源管理の成果が一日も早く現れることを心から願っており、今年も安心安全な水産物を提供して頂けるよう取り組んでもらい、穏やかな天候と大漁を祈念しております」との挨拶に続き、風無稚内機船漁協組合長が「昨年は水揚げ量、金額ともに低下し沖合業界は厳しい状況だった。主要魚のホッケは減少し5年前から自主的に漁獲を減らしているものの、資源回復に叶わない状況となっている」とし「生き残りをかけ資源回復まで辛抱を続けると共に、皆さんの商売繁栄を願っています」と述べた。
 このあと、中陳地方卸売市場買受人組合長が「買受人らが英知を絞り水産物の付加価値を高めていきましょう買受人の繁栄と健康を祈念します」などと挨拶し、早見市場部長の音頭で三本締めが行われ、今年の豊漁と安全操業を祈願した。
 5日出漁したオッター船が帰港しなかったため初競りには昨年末に水揚げされた冷凍魚類数十箱が上場され競りが行われた。