2月16~19日に名寄で開催される第14回日本シニアカーリング選手権大会に、稚内協会の50歳以上の男性メンバーで編成される「チーム稚内」が北海道代表として出場する。
 シニアの日本選手権に稚内のチームが出場するのは初めて。
 昨年12月24、25日に名寄で開かれた北海道予選会で札幌、名寄など道内強豪の10チームが出場し2ブロックに分かれ5チームで総当たり戦を行った結果、稚内は3勝1敗で1位となり全国切符を手にした。
 競技歴20年以上になる富田伸司、國枝保幸、富澤俊彦、赤川峰樹、清水康彦さんの5人からなるチーム稚内は「日本シニアでは恥ずかしくない試合を心掛け勝利に繋げたい」と意気込んでいる。
 今大会には稚内協会の川村みゆき、小林陽子さんが所属する女子チームのCurlHokkaidoも道代表として全国大会出場が決まっている。