元旦に宗谷岬で開催された初日の出inてっぺん2017で、1800人余りの市民や観光客が2年ぶりに御来光を見ることが出来た。
 稚内観光協会によると、一般1674人、東京や札幌などからのツアー客126人が訪れた。前年に比べ300人多かった。
 宗谷岬では新年を祝う花火が打ち上げられたあと、午前7時13分頃に初日の出が水平線上に現れた。
 全国各地からバイクや自転車での旅人も集まり、70代男性は「初日の出が見れて最高の1年のスタートになった」と話していた。