何だか気忙しく落ち着かない。正月前にし血湧き肉躍るのか、幾つになっても子供の時分と変わらない。平常の緊張から解き放たれ僅か数日のこととはいえ鳥のように大空を舞う姿を夢想するのか。夢見る夢男の性に成長はないようだ◆ハワイ真珠湾での安倍総理の挨拶は国会のよう向きになることなく詩人のような口調で寛容と和解の大切さを説く◆この人は最初の政権放り投げから随分と変わり日本の防衛と日米安保に前向きなことから毛嫌う国民が増えている◆「トラトラトラ」の入り江で何を思ったのか。