北門神社で27日、年の瀬恒例の煤払いがあり、1年に溜まったほこりを払い落とした。
 午前9時前から山本泰照宮司らが、長さ4㍍ほどの先に笹が付いた竹で本殿の天井や壁神具、照明など、この1年に溜まったほこりを払い落としたあと、床拭きなど掃除を夕方まで終え新年を迎える準備を整えた。
 山本宮司は全国各地で災害が多かったことに関し「稚内でも9月大雨による災害があり来年は平穏な年であることを願い、酉年ということで鳥が空高く羽ばたくように景気が良くなるよう煤払いをしました」と。
 31日は午後3時から大祓式、除夜祭のあと午前0時から初詣を受け付ける。正月三が日の参拝客は1万人を見込んでいる。