富士見町内会子ども育成部(佐々木良子部長)と富士見児童会館主催のXマスパーティーが24日夜、会館で開かれ、児童生徒や町内会関係者70人が楽しい一刻を過ごした。
 同町内会では、西小中学校が閉校する8年前から子どもたちとの交流として開いていたが、昨年から富士見地区が校区変更されてからは、中央小と稚中の児童生徒を対象に実施している。
 Xマスパーティーでは、町内会婦人部の手作りオードブルに舌鼓を打ちながらビンゴゲームや空き缶並べ競争をし、バンド演奏を聴き子供たちとお年寄りらは交流を深めていた。