宗谷総合振興局職員有志によるバンド「宗谷音楽部」が19日午後宗谷合同庁舎でXマスコンサートを開き、集まった市民、局職員ら100人余りが一足早くXマス気分を味わった。
 昨年からバンド名もなくひっそりと活動していた職員有志だが、今年から宗谷音楽部としてスタートし、今回初めて演奏会を開いた。
 宗谷をイメージし職員が作詞作曲したオリジナルのバラード曲「君の住む街」、Xマスに因み桑田佳祐の「白い恋人」などアンコールを含め5曲を披露した。
 市内の男性は「完成度が高いバンドで、オリジナル曲もとても良かった」と絶賛し、音楽部長の井神淳農務課主査 (42)は「若手職員が頑張ってくれ、最高の演奏が出来た」とコンサート成功を喜んでいた。