%e6%ad%b3%e6%9c%ab%e8%ad%a6%e6%88%92

 大晦日まで展開される歳末特別警戒の出動式とパトロールが15日夜、稚内署とオレンジ通りで行われ、参加した関係者は犯罪ゼロを合言葉に寒空のなか巡回した。
 稚内地区防犯協会、市、宗谷総合振興局など関係機関から参加した80人を前に、今年1年間の稚内署管内の犯罪や交通事故の発生状況を振り返った田辺稚内署長は「犯罪や交通事故数は減少しているものの、未だに特殊詐欺被害や飲酒運転による重大事故が後を絶えない。凶悪事件、特殊詐欺、交通死亡事故抑止を重点に皆さんと一緒に事件事故のない安心して暮らせる地域社会をつくっていきたい」、中居稚内地区防犯協会長は「皆さんと一緒に安心して暮らせる稚内を目指して楽しい正月を迎えられるように頑張りましょう」などと挨拶し、来賓の工藤市長が激励の言葉を述べた。
 引き続き、参加者たちはノボリを持ちオレンジ通りをパトロールし、道行く市民に特殊詐欺の被害防止や飲酒運転根絶を呼びかけていた。