%e5%a4%a7%e8%a5%bf%e3%83%84%e3%83%a4%e3%81%95%e3%82%93

 15日、工藤市長が港1の大西ツヤさん宅を訪れ、100歳を祝って祝金を贈った。
 今年9人目の贈呈者となる大西さんは、大正5年12月15日に下勇知生まれ。8人兄弟姉妹の4女で趣味は歌うことと一緒に暮らす高校生の曾孫さんの成長する姿を見るのが楽しみで現在、長男の勝雄・秀子さん夫婦ら4世代で生活しており、勝雄さんによると、ツヤさんは昨年、自宅で転倒し足を骨折してからは車椅子を利用しているが、町内会の催しなどに出席しては自慢のノドを披露しているという。
長寿の秘訣については食事で特に「塩分の取り過ぎに注意するなど身体に良い食生活に気を付けているかな」と笑顔で話していた。
 市長から「これからも健康に気をつけ長生きして下さい」と祝状と祝金が贈られた。
 この日が誕生日のため、東京に住む玄孫の璃世ちゃん(4)など家族が集まり、ツヤさんは「皆さんに100歳を祝って頂きとても嬉しい」と感謝の言葉を述べていた。