%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%b6%e8%a6%87

 10~16日までオーストラリア・ブリスベンで開催されている2016クィーンズランドスイミングチャンピオンシップ大会に日本代表で7種目に出場している稚内SC所属の東中1年大日向海斗君(12)が10日の男子12歳200㍍団体メドレーフリー各リレーと11日の個人平泳ぎ200㍍の3種目で優勝した。
 日本代表に同行しているJSCA東海支部スタッフの情報によると、10日の団体メドレーには58チーム、フリーに60チームが出場し大日向君はメドレー第4泳者、フリー第1泳者で泳ぎ、日本チームの優勝に大きく貢献した。11日の平泳ぎ200㍍でも予選をトップで通過し、決勝でも2分28秒05のタイムで3冠を達成した。
 12日の個人メドレー200㍍でも予選を2位で通過、決勝に進出している。