%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%82%b9%e7%81%af

 間伐材を使った高さ5㍍のXマスツリーが7日、宗谷合同庁舎にお目見え。点灯式には港、白樺両保育所の年長児26人が参加し一足早くXマスムードを演出している。
 間伐材利用のPRにと、平成15年から設置しており、トドマツを使ったツリーに園児たちが絵を描いた木のコースターなど飾り付けしたあと、「皆さんのお陰で立派なツリーが完成しました。これから木を大切にして下さい」と挨拶した坂本宗谷総合振興局長と白樺の平岡真緒ちゃん(6つ)、港の佐藤楓夏ちゃん(6つ)がイルミネーションを点灯した。
 点灯式に集まった人たちを前に、「あわてんぼうのサンタクロース」の歌を披露した園児たちに、会場に現れたサンタクロースからXマスプレゼントが贈られた。
 22日まで点灯される。時間は午後3時半~午後5時半まで。