既定路線といえばもっともなことだが、日本ハムの大谷翔平選手の大リーグ入りが現実味を帯びてきている。今季の契約終了後の記者会見で来季終了後にポスティングシステムを利用し大リーグに移籍することを球団側も了承しているという。
 5年前のドラフトで他球団が大リーグ入りを熱望している大谷の指名避けるもハムが翻意させたのは将来の大リーグ移籍を了承し、それまでに実績を積み実力を備えた野球選手として育てていくというプログラムをハム側が示したためであろうし、その時の契約で口約束だけでなく、その旨の一項目が契約書に明記されていたやも知れず致し方ないというのがファン共通の思いであろう。
 厳しいプロ野球界にあってこれまでどれほどの逸材が芽さえ出せず夢半ばで球界を去ったことであろう。星の数ほどいる。
 そういう状況下にあっても大谷は着実に力を付け投手と野手という二刀流で今シーズンは立派な成績をあげ、パ・リーグMVP(最優秀選手)にもなった。残るは大リーグ挑戦しかなかろう。
 来年のことを言えば鬼が笑うが、天運に恵まれた彼のことである来年も日ハムで今年以上の成績を残し連覇に貢献しMVPとなり、いざ大リーグへということになるものと信じている。
 彼に関しては「人生は何があるか分からない」などとの説法は止めよう。大いに翔(はばたき)夢を実現させ大リーグでも大活躍してほしい。
 陽選手が去り大谷も来年には。球場移転構想もありハムの前途甘くないやも知れない。