%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%ba

 北宗谷広域観光推進協議会(事務局・稚内観光協会)主催の北宗谷フォーラムが5日夕方、ANAクラウンプラザホテル稚内で開かれ、香港ツアー会社から講師を招き海外個人客の誘客促進に向けた戦略について考えた。
 参会した観光関係者60人余りを前に、日本への旅行者送客数が香港一の旅行会社EGLツアーズの袁文英社長が「FIT(個人)シフトをした香港インバウンドの最新状況と、日本に期待するおもてなしについて」と題し講演した。
 空路の深夜便を利用して日本旅行する香港の旅行状況などに触れた袁社長は、日本に期待するおもてなしとして「宿泊先などで誕生日を迎えた旅行者に対し手書きによる誕生日カードを贈るなどサプライズ演出が喜ばれ、お客様としてではなく一人ひとり名前で呼ぶことで感動し特別な旅行になる。それが帰国した時に口コミで広がり日本へ行ってみたいと思うようになる」などと話していた。