稚内北星大学は、18日午後0時半から中央地区で、病気と戦う子供にXマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「北海道サンタランinワッカナイ2016」を開催する。
 サンタクロースの衣装を着て中央地区を歩き、参加費の一部で小児科に入院している子供へXマスプレゼントを贈るという初めてのイベントで、キタカラを出発し中央商店街、市立稚内病院前を歩き活動をPRする。
 今回の催しのため学生5人、教職員ら5人の10人で立ち上げた稚内北星サンタラン実行委員会事務局の黒木宏一さんは「入院してXマスを家で過ごせない子供たちに笑顔を届けたい。当日は稚内のマスコットキャラの出汁之介とりんぞうくんも加わる。多くの人に参加してほしい」と市民の協力も呼びかけている。
 当日は正午キタカラに集合するとよい。参加費1000円(中学生以下500円)。
 プレゼントは今月21日に大学の代表者が病院を訪問し渡す。