%e7%94%9f%e5%be%92%e3%81%a8%e3%81%ae%e4%bf%a1%e9%a0%bc

 大谷高で30日夕方、教職員を対象とした研修会が開かれ、参加した先生たちは生徒指導について再確認した。
 元中学校校長で現在道の学校支援アドバイザーを務める石垣則昭さんがいじめ防止をテーマに、教諭時代の実体験を交え、いじめられた生徒への声かけや生徒と保護者への対応などについてグループ協議を行いながら講話した。
 引き続き、生徒との信頼関係を築くためにも生徒自身のどこに問題があるかを明確にすることが大事とし「子ども達に感謝されることが指導であり、嫌われる指導は絶対にしないでほしい」と話していた。